meta descriptionを最適化しよう

meta descriptionを最適化しよう

読者の皆さまはmeta descriptionについて、どの程度ご存知でしょうか。検索結果の説明文にも使用されているmeta descriptionは検索結果からページのアクセスに繋げる重要な部分です。今回のペライチSEOブログ「SEOの今」は「meta descriptionを最適化しよう」について取り上げたいと思います。最適化をしてページをより良いものしましょう。

meta descriptionとは

meta descriptionとは、Googleの検索結果にも表示されるWebサイトの説明文です。

 

Googleの検索結果



上記の画像は「ペライチ」で検索した例です。枠で囲った部分はmeta descriptionで設定可能な説明文です。広告ではなく、SEOで対策できる検索結果の説明文に使われます。PCのGoogleの検索結果で約120文字、スマートフォンのGoogleの検索結果で約50文字使用されます。見ても分かる通り、検索結果の目立つ箇所に出ますのでしっかりと対策することでクリック率(CTR)の向上に寄与しますのでしっかりと魅力のある文章を作成して、最適化をしましょう。

ペライチでのmeta description設定方法 

ペライチ マイページの基本設定

ペライチのマイページ(管理画面)からページ情報編集を選択して、「基本設定」の中にある「ページの説明文(description)」に記述してください。文字数は何文字でもできますが、先に書いたようにPCのGoogleには約120文字、スマートフォンのGoogleには約50文字と表示される文字数に制限があるので、必ず表示させたいキーワードや内容を前に記載してできるだけ表示させるようにすることをお勧めします。
もし「meta descriptionに設定しない場合はGoogleの検索結果は空欄になるのか?」という疑問が出るかもしれませんが、答えから言うとGoogleが本文中の文章から選択をして表示をするようになります。複数ページがある時に全て同じ内容に設定してしまうならGoogleが自動で本文から引用する内容にした方が良いですが、作成者の意図が伝わるわけではありませんのでしっかりと記載して効果の出るようにしましょう。

meta descriptionの作り方

meta descriptionの作成例

簡単な作り方はSEOで対策するキーワードを決めてから上記の画像のように「ページ名(タイトル)」と「見出し」を先に作り、そのタイトルと見出しをつなぎ合わせながら要約することでDescriptionを作る方法です。meta descriptionはページ全体の要約を記載することが大切なのでこのように作ることで上手くまとまった説明文を作ることができます。

作る時のポイント

Googleで検索する人は一般的に「知りたいことや探していること」をキーワードとして検索します。つまり、「答え」を探している状態です。答えやヒントが書かれている説明文があればクリックして実際にページに訪れてくれる可能性が高くなります。「メインキーワードをタイトルに含めましょう」と「SEOの今」でも書きました。そのキーワード(≒探したいこと)が詰まっているタイトルの答えになっているようなmeta description(ページの説明文)になっていることが望ましいです。
また、単語を上手に言い換えるなどするときれいにまとまったり、見やすくなることもあるので上手くまとまらない時は意味が大きく変わらない程度に言い換えを試してみるをお勧めします。(例:ページ作成→ページを作るコツ)

最後に

「meta description(ページの説明文)にどんな内容を書いたら良いのかわかりません。」や「上手にページの説明文を書くことができない」というお問合せを良く頂きます。事前に準備をせずにいきなり書き出しても120文字の文章できれいにまとめることは容易ではありません。しかし、今回ブログで書いたような手順で進めるだけで意外と簡単に作ることができます。作れば作るほど上手に作れるようになってきますので、何度も書き直しながら作ってみることをお勧めします。