ペライチ「Google検索対策機能」をリリースしました!

ペライチ「Google検索対策機能」をリリースしました!

こんにちは、ペライチSEOスペシャリストの杉浦です。
2020年4月13日にペライチは「Google検索対策機能」を新たにリリースしました。
この機能を使用することで、Googleサーチコンソールへ簡単に登録することができるようになりました。SEO関連の機能リリースですので、今回のペライチSEOブログ【SEOの「今」】でもご紹介します。

ペライチの「Google検索対策機能」とは?

「SEO検索対策機能」からサーチコンソールに登録した際に届く完了メール
[画像1] 「SEO検索対策機能」からサーチコンソールに登録した際に届く完了メール

 

ペライチのGoogle検索対策機能とは「ペライチのマイページ上にある「Google検索対策」ボタンを押してお持ちのGoogleアカウントに紐付けるだけ」でお手軽にGoogleサーチコンソールへ登録できる機能です。
これまでもペライチは無料プランからGoogleサーチコンソールと連携することができましたが、今回この機能がリリースされて大きく変わったところは「事前にGoogleサーチコンソールのサイトでアカウント開設する必要がなくなったこと」です。
お持ちのGoogleアカウント(Gmailアカウント)さえあれば、ペライチのマイページ上からかんたんにGoogleサーチコンソールの設定ができるようになりました。

既にペライチのユーザーの皆さまは、ぜひGoogleサーチコンソールのご活用を頂けると幸いです。まだペライチにご登録したことがない方も無料から使用できますので、ぜひこの機会にペライチへのご登録をお願いします。

ペライチ「Google検索対策機能」の設定方法

ペライチ「Google検索対策機能」を使用したGoogleサーチコンソールの登録(連携)方法をこちらで記載します。

事前準備

【事前に準備が必要なもの】

  1. Googleアカウント(Gmailアカウント)
  2. ペライチアカウント

GoogleアカウントはGmailをご使用の方は既にアカウント登録済みなので多くの方は既にアカウントをお持ちだと思いますが、Gmailをご利用していない方などGoogleアカウントをお持ちでない方は下記のURLからGoogleアカウント登録のご準備をお願いします。

また、Googleサーチコンソールへ登録するペライチページは公開している必要あります。ページを公開していない方はページを完成させて、公開をお願いします。(これはページ公開をしないとGoogleがペライチのページを確認(Googleへ登録)できない仕様によるものです。)

ページ非公開の状態だとボタンがグレーアウトして押せません(注意)
[画像2] ページ非公開の状態だとボタンがグレーアウトして押せません(注意)

「Google検索対策」ボタンを押してGoogleサーチコンソールに登録

マイページのボタン
[画像3] マイページのボタン

 

ペライチのマイページに設置されている「Google検索対策」のボタンを押します。

かんたんサーチコンソール連携機能
[画像4] かんたんサーチコンソール連携機能

 

「かんたん!サーチコンソール連携機能」が表示されるので、ページ内の「ページを連携させる」のボタン(赤枠)をクリックする

Googleログイン画面
[画像5] Googleログイン画面

 

Googleアカウントにログインしていない場合は画像4のようにGoogleにログインする画面になりますので、サーチコンソールの登録で利用するGoogleアカウントでログインしてください。

Googleアカウントの選択画面
[画像6] Googleアカウントの選択画面

 

Googleアカウントに既にログイン済みの場合はアカウントの選択画面になりますので、サーチコンソールの登録で利用するGoogleアカウントを選択してください。

Googleアカウントのアクセスリクエスト
[画像7] Googleアカウントのアクセスリクエスト

 

Googleアカウントのリクエストに「許可」ボタンを押してください。
(こちらの連携はもちろんGoogleサーチコンソールのみの使用です。ご安心ください)

この操作以外にもperaichi.comへ以下の権限を許可するかを聞かれた場合は許可してください。(許可をしないとこちらの機能は使用できません。また、もちろんGoogleサーチコンソールでのみでの使用ですのでご安心ください)

  • 確認済みサイトのデータの表示と管理
  • 管理しているサイトとドメインのリストの管理

Googleサーチコンソール連携完了
[画像8] Googleサーチコンソール連携完了

 

全ての設定が完了すると「正常に連携されています」に「連携状況」が変わり、Googleサーチコンソールコンソールと連携(登録)が完了します。

このようにボタンを押していただいて、出てくる項目を順番に進めて頂くだけでGoogleサーチコンソールへの登録が完了しますので、今までのようにサーチコンソールに登録して設置コードをコピーして、ペライチに設置するような複雑作業なく登録までできるようになりました。
2〜3分の作業時間でGoogleサーチコンソールが登録できますので、ペライチでページを公開したらぜひご利用してみてください。

Googleサーチコンソールの活用法

登録してから3日間経過するとGoogleサーチコンソールに蓄積されたデータが見られるようになります。(当初は独自ドメインをご利用の方のみご使用いただけます)

マイページ月ごとの検索パフォーマンス
[画像9] マイページ月ごとの検索パフォーマンス

 

上記の画像8のようにGoogleの検索結果で表示やクリックされたキーワード、平均掲載順位が図表で見ることができます。
掲載順位が良くなるとSEOの効果で表示回数が伸びる傾向にあります。掲載順位が良くないキーワードの中で売上に繋がりそうなキーワードはページの最適化(SEO)をすることで表示(露出)の増大を狙ってみましょう。

また、既に順位が良く表示回数が多いが、クリック数が少ない(つまり、クリック率(CTR)が低い)キーワードはそのキーワードを検索する人が思うタイトルやディスクリプションが合っていない、魅力が薄いと見られている可能性が高いので、実際にそのキーワードでGoogle検索して確認しながら「ページ名(title)」や「ページの説明文(description)」を工夫して調整してみましょう。

また、月間での数値の比較もぜひ行なってください。
先月に比べて数値に変化があったキーワードと行動したSEO施策を振り返り、「行動した施策がどのくらい数値に反映しているか?」「数値に良い影響を与えた施策は何か?」を考えて良い行動を他のキーワードにも拡張していくと全体的に数値が伸びてくるでしょう。

この機能に対してのペライチ杉浦の想い

今回の「Google検索対策機能」の始まりは私が一昨年の秋にGoogle主催のGoogle Dance Osakaに参加させて頂いた時に事例紹介としてペライチのようにオンラインでページが作れる競合サービスがサーチコンソールにおいてGoogleと連携しているという話に興味を持ちGoogleの開発担当者に「ペライチでも同じようなことができませんか?」とお声掛けさせて頂いたところから始まっています。
最初に社内用にプレゼンするための企画書は私が書きましたが、それ以降はペライチの開発部が中心に開発を進めてくれ、こんなとっても素敵なサービスができました。

普段からWebページを運用している方であれば「サーチコンソールを登録して、サーチコンソール用IDをコピーして、ペライチの決められた場所に設置する」ことも難しくない作業にも感じると思います。
しかしながら、今回ペライチで初めてWebページを作ったような超初心者には「サーチコンソール?」「サーチコンソール用ID??」「コピーする???」と疑問が出るポイントも多く、ペライチのサポートで設置のサポートすることもしばしばありました。
そのような方でもGmailのアカウントさえ持っていればボタンを押すだけでGoogleサーチコンソールに登録できるという設置負担の低さが実現できたことはとても大きい一歩になるように感じています。
「このページはこんなキーワードでGoogle検索されているのか!」「SEO施策したキーワードから多くページにアクセスがある!!」「楽しい!!!」となることに少しでも貢献できたら嬉しいです。

この先にさらに良い機能へ進化するための企画できるような計画も既に社内で出ていますので、引き続きGoogle検索対策機能への期待を持って頂きながら今回リリースしたサーチコンソール連携機能のご活用を頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

参考資料:

■ Google検索対策機能:Googleサーチコンソールにページを連携する - ペライチヘルプ
https://peraichi.zendesk.com/hc/ja/articles/360044789494

■ Googleサーチコンソール
https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

■ Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google Dance Osaka 2018 開催のお知らせ
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/10/google-dance-osaka.html