Googleタグマネージャー導入のすすめ

Googleタグマネージャー導入のすすめ

こんにちは、ペライチSEOスペシャリストの杉浦です。

今回のペライチSEOブログ【SEOの「今」】は、Googleタグマネージャーについて書きます。SEOやWeb広告などWebマーケティングの仕事をしている人にはおなじみのGoogleタグマネージャーですが、タグの管理だけでなく便利な機能も多いので初期段階の集客施策を終えて、これからさらなる集客施策を考えている方にぜひおすすめのツールです。ペライチで使用するにはレギュラープラン以上をご利用頂くことが導入の条件になりますが、既にレギュラープランをご利用頂いている方にはぜひ導入の検討をお勧めしたいのツールとなっております。実際にペライチのサポートにも導入に関する質問・相談も増えており、現在注目されているツールです。

Googleタグマネージャーとは?

Googleタグマネージャー(Google Tag Manager、GTM)とは、Google社が提供するWeb広告、アナリティクス、サーチコンソールなどのタグが1ヶ所にまとめて管理できるツールのことです。Googleタグマネージャーは無料で提供されており、誰でも簡単に導入することができます。

Googleタグマネージャーを使用するために必要な作業は、Googleタグマネージャーのアカウントを登録して、設置タグ発行して、ご自身のサイトのHTML内に埋め込むだけです。
HTMLを埋め込み作業は最初に一度だけなので、ツールを増やすたびに毎回エンジニアにタグを追加してもらうような必要はなくなります。
Googleタグマネージャーの管理画面は、初見でも見やすく理解しやすいのでGoogleタグマネージャーを使用するための学習も最小限です。

Googleタグマネージャー導入方法

ペライチのプランの確認

ペライチで導入するにはレギュラープラン以上(有料)の加入が必須なので、現在加入プランを確認します。

ペライチのプラン確認

ペライチにログイン頂き、管理画面の左上に「ご利用状況」の項目内に現在の「利用中プラン」が表示されております。こちらの「利用中プラン」が「お試しレギュラープラン」「レギュラープラン」「ビジネスプラン」の方はGoogleタグマネージャーの設置に必要なタグの埋め込み機能がご利用可能です。
これ以外のプランの方は残念ながらGoogleタグマネージャーの導入ができません。プランのアップグレードをご検討頂けますと幸いです。

また、これからペライチのアカウント登録をする方は登録日から30日無料レギュラープランの機能がすべて使える「お試しレギュラープラン」になります。こちらでもGoogleタグマネージャーの導入ができますのでこのタイミングにぜひお試しください。

Googleタグマネージャーのアカウント登録をする

Googleタグマネージャー

ウェブとモバイル用のタグ管理ソリューション - Google タグ マネージャー

Googleタグマネージャーのページの画像の「無料で利用する」のボタンをクリックする。

Googleログイン

登録したいGoogleアカウント(Gmailなどで使用しているアカウント)でログインする(Googleアカウントをお持ちでない場合は「アカウントを作成」からご登録をお願いします)

GTMコンテナ追加

新しいアカウントの追加から必要事項を入力して登録する

【アカウントの設定】

  • アカウント名:社名やサイト名などお好みの名前
  • 国:日本

【コンテナの設定】

  • コンテナ名:ドメイン名、サイトURL
  • ターゲット:(ペライチに導入の場合は)「ウェブ」

ペライチとGoogleタグマネージャーの連携設定

Googleタグマネージャーのアカウント登録が完了すると「Google タグ マネージャーをインストール」が表示される。
(Googleタグマネージャーの管理画面→「管理」→コンテナ「Googleタグマネージャーをインストール」と進んでもインストールコードは表示できる)

GTM設置埋め込みコード

ペライチの管理画面「ページ情報編集」内タグの埋め込みの項目に

  • 前半のインストールコード:headタグ内の埋め込み
  • 後半のインストールコード:bodyタグ直下の埋め込み

それぞれ設置する

ペライチ埋め込み後

上記の画像のように入れられたら「保存」を押してペライチへの設定は完了となり、Googleタグマネージャーを使うための初期設定は終了です。

Googleタグマネージャーを使用したGoogleアナリティクスとの連携方法

初期設定が完了しただけではアカウントが登録できたにすぎず、まだ何も使えていない状態なので、Googleタグマネージャーで一元管理したいアカウントをタグマネージャーに追加しよう。ここではよく使われるGoogleアナリティクスを導入を試してみましょう。

Googleアナリティクスの追加

Googleタグマネージャー管理画面

1. Googleタグマネージャーの管理画面の「新しいタグを追加」をクリック

GTMタグタイプを選択

2. 「Googleアナリティクス:ユニバーサル アナリティクス」を選択する

GTMタグの設定

3. Googleアナリティクスのインストールのみの場合、以下のようにタグの設定

  • トラッキングタイプ: ページビュー
  • Googleアナリティクス設定: 新しい変数
  • 詳細設定: 特に変更なし(デフォルト設定から変えない)
  • トリガー: (ペライチは基本的に1ページでの運用だと思うので指定したGoogleアナリティクスIDが入っているページ全てを意味する)All Pages

4. Googleアナリティクス設定で「新しい変数」を選択するとGoogleアナリティクスのID設定が出るので紐付けたいGoogleアナリティクスIDを指定する

(まだGoogleアナリティクスを登録していない場合は、ここでGoogleアナリティクスのアカウントを発行して、アナリティクスIDを取得する)

GTM変数の設定

5. 「保存」のボタンを押して完了です。

変数の名称設定をしていない場合は、設定を要求されるので任意でわかりやすいものを設定しておく

GTM変数名の変更

「公開」ボタンを押してページへタグの設定の配信をしよう

Googleタグマネージャーの設定は保存が完了してもページにはまだ公開されていない状態です。忘れずに「公開」ボタンを押して、ページへ配信してください。そうしないとせっかくGoogleアナリティクスの設定をしてもページに配信されないのでデータが貯まり始めませんので注意が必要です。
Googleタグマネージャーはタグの状態をバージョンを管理してくれるので、入れたツールによってページの表示や先に入れていたツールの動作に問題がある時はバージョンを戻すこともできます。

GTM公開

【注意】GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスの設定をする時はペライチのページ情報編集内の「Googleツール設定」の方ではGoogleアナリティクスのIDを入れてないように注意してください。Googleアナリティクスのタグが誤って2重に動作する可能性があり、直帰率などのデータが誤計測されてしまう可能性を防ぐためです。

コンバージョンタグの設定などももちろん設定可能

トリガータイプ

今回、実際に導入手順を入れてご紹介したGoogleアナリティクス以外にもGoogleサーチコンソールやGoogle広告、Facebook広告などの広告のコンバージョンタグなど様々なタグに対応しています。これは一覧にサービス設定名がない時でも「カスタムHTML」を使用して、HTMLタグによる連携することで導入できるからです。

私もPtengineやUserHeatなどのヒートマップツールやWeb広告のコンバージョントラッキングタグを「カスタムHTML」を通じて導入しています。ただ、Optimizelyのような一部のABテストツールや前回のブログ話題だったGoogleしごと検索の構造化データなどはうまく作動しない場合がありますので、その際はGoogleタグマネージャーを使わずに直接ページのheadやBodyなどに書くと良いでしょう。

最後に

ペライチはHTMLタグを意識せずにページが作れるサービスであり、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは簡単に設定できる仕組みを用意しているので、アクセス数を見るくらいの設定であればGoogleタグマネージャーを使わなくても簡単に設定できます。

しかしながら、たくさんの種類の広告を扱う時のコンバージョン設定や他のドメインと連携するクロスドメイン設定などを高度な設定を行う時はとても便利に使うことができます。 タグを見やすく一元管理できるツールなので、特に広告やアクセス解析を始めて高度な設定が必要になった時に導入をして、便利にタグ管理をすることをお勧めします。