Googleしごと検索を始める時の注意するポイント

f:id:masamirock:20200324173804p:plain

こんにちは、ペライチSEOスペシャリストの杉浦です。

今回のSEOブログ【SEOの「今」】は、最近ペライチのサポート宛にも多く質問が届いています「Googleしごと検索」について書きます。Googleしごと検索は決められた書式でご自身のページ内に求人情報を追加するだけでGoogle検索結果の専用掲載枠に無料で求人情報を出すことができるとても便利な機能となっています。ペライチで作られたウェブページの中ですでに2000以上のページが、Googleしごと検索オプションを使用しているほどとても人気の機能です。しかしながら、この便利で人気のGoogleしごと検索をより確実に検索結果に出すにはいくつか注意する点があります。このブログではGoogleしごと検索のご紹介から可能性を高めるコツまで書きます。読者の皆さまの採用活用に少しでも貢献できたら幸いです。

Googleしごと検索とは?

Googleしごと検索は、日本のGoogleでは2019年1月から始まったGoogleの検索結果に表示するサービスです。日本以外のGoogleではJob PostingやGoogle for Jobsなどの名称で展開をしているサービスです。(提供しているサービス内容は同じです)

Googleしごと検索
[画像1]「渋谷 正社員」で検索した時にGoogleしごと検索の表示例

[画像1]は実際に「渋谷 正社員」とGoogleでキーワードを検索した際に出現した画像です。このように「地域名 アルバイト」「地域名 正社員」などの[地域名+雇用形態での検索]、もしくは、「地域名 歯科衛生士」「地域名 プログラマー 求人」のような職種名[地域名+職業名+(求人)]のような求人に関するキーワードでGoogle検索した際にしごと検索の検索結果に「Googleしごと検索の専用掲載枠」が出現します。

Googleしごと検索詳細
[画像2] 掲載の求人情報をクリックした詳細データ

掲載に表示されている求人情報のリンクをクリックすると[画像2] のようにクリックした求人の詳細情報を見ることができます。この詳細情報には募集している会社の情報、職種、休日休暇、給与などの求人の内容や条件が書かれています。求人情報を探して検索したユーザーは実際に書かれている求人条件を確認して、ユーザーの希望条件に近い内容に応募を検討する仕組みです。

Yahoo!しごと検索
[画像3] Yahoo! JAPAN しごと検索

また、注意したいのはGoogleしごと検索はGoogle検索とは別のサービスなので、Yahoo! JAPANなどGoogle検索エンジンを使用している検索サービスでもこのGoogleしごと検索の結果は出ません。

なお、Yahoo! JAPANには「Yahoo! JAPANしごと検索」という名称が似たサービスが存在しますが、このYahoo!のしごと検索はスタンバイ社が運営するサービス「スタンバイ(参考1)」のデータと連携して仕事情報を検索できるサービスであり、Googleしごと検索とは全く違う求人サービスですのでこちらも注意が必要です。今回のブログはGoogleしごと検索に関してなのでここでは詳しくは説明しませんが、ご興味のある方は下記の公式サイトをご確認ください。

Googleしごと検索に求人情報を掲載するには?

「Googleしごと検索」にするには以下の2つのことをページに設置するとGoogleしごと検索に表示される状態になります。
(構造化データを使ったからといって100%しごと検索に表示されるわけではありません。)

1.構造化データ(JobPosting)を使い、求人情報を記述してページの内に記載する

1の構造化データに関しては、「Google検索のディベロッパーガイドの求人情報」の項目を確認しながら作成を進めてください。構造化データとは、検索エンジンが理解できるように規定された規則を沿って書かれた情報(タグ)のデータのことです。Googleしごと検索はこの構造化データの中でも求人用の構造化データ(JobPosting)を使用します。記述方法はいくつかあるのですが、Googleは「JSON-LD」という記述方法を推奨していますので、「JSON-LD」のルールに沿って記述することをお勧めします。

ペライチには専用のフォームに沿って求人情報を書くだけでこの構造化データ(JSON-LD)に変換、設置をする「Googleしごと検索連携オプション」(有料:月額500円)も提供しています。このオプションを使用することで難しい構造化データを意識することなく、プログラミングが苦手な方でもかんたんにGoogleしごと検索の対応を始めることができます。

2.構造化データの求人情報と同じ内容をページコンテンツにも追加する(求人情報を書く)

構造化データを使った求人情報をページに設置が完了したら次は構造化データ内に記載した内容と同じ内容を(ページ来訪者の目に見える)ページコンテンツ内に記述する必要があります。

Googleしごと検索用に指定されたペライチブロックはありませんので、目的に合った使いやすいブロックを使用して書いてください。ちなみに私(杉浦)のGoogleしごと検索で使用するおすすめ(推し)ブロックは「地図」のカテゴリにある「テーブル内地図」です。

このブロックを選んで、テーブルに給与やポジションなど求人情報を記載して、地図に勤務地(もしくは、面接の場所)を設定すれば地図付きで求人情報が載せられるので、求人検索を探している人からわかりやすく求人情報が設置できるからです。「ペライチにはブロックがたくさんあるから選ぶのに困ってしまう」という方はぜひこの「テーブル内地図」のブロックを試してみてください。

ペライチテーブル内地図
[画像4]ペライチの編集画面で「テーブル内地図」ブロックを導入した画像

以上の2項目に対応してGoogleに情報が採用されるとめでたくGoogle検索に表示されるようになります。

しごと検索詳細
[画像5]Googleしごと検索に表示されている実際の画面(掲載企業様の部分はぼかしています)

[画像5]は、実際に現在Googleしごと検索に実際に表示されている画像です。無事にエラーなく順序正しく設置した場合は、多くの場合はこのように掲載されるはずです。

テストツールやサーチコンソールでエラーになっていないか確認する

ページに設置した構造化データの情報に不備があるとGoogleしごと検索に掲載に採用されないので設置ができたら必ず正しい情報になっているかテストをしよう。

peraichi.comのしごと検索詳細画面
[画像6]Google構造化データテストツールのURL入力画面

使い方はテストツールのサイトにアクセスすると出てくる[画像6]のポップアップ画面にページのURLを入力して「テストを実行」のボタンをクリックするだけで完了する。

サーチコンソールしごと検索
[画像7]Google構造化データテストツールの結果

テストの結果が[画像7]の枠で囲った箇所のように「エラーなし」「警告なし」となっていれば送信したデータとしては不備がないGoogleしごと検索に沿った内容ということがわかる。

サーチコンソールしごと検索エラー
[画像8]Googleサーチコンソール「求人情報」

Googleサーチコンソールにもエラーがある場合のみ、「エラー」のステータスがでているので出ている内容に沿ってデータの修正をしよう。

ペライチが提供している「Googleしごと検索連携」オプションを使うとこのようなトラブルが限りなく少なくなるので、プログラミングに自信のない方はぜひご利用ください。

Googleしごと検索に出ない場合に確認したいポイント

Googleしごと検索に対応させたにも関わらず「実際にGoogleしごと検索に出てこない」というご相談をペライチのサポート宛にしばしば頂きます。 そのような場合に多くの方が原因となっていた箇所を共有しようと思います。下記の点も注意しながら設置を進めてもらえると嬉しいです。

a. 求人情報の詳細と構造化データ(しごと検索連携ツール)内の情報を一致させる

一番多い表示されない原因がこの「情報が一致」していない状態です。Googleしごと検索連携オプションに加入頂いて、求人情報の構造化データを設置頂いて、テストツールやサーチコンソールでもエラーが出ていない状態なのに「なぜ?」と思われる方もいると思います。それは、Googleはしごと検索の掲載条件として構造化データに対応するだけでなく、構造化データと合致した求人情報を(来訪者の目に見える)ページ内にも記述することを必要な条件としているからです。

特に注意したいのは募集する求人ポジションの名称を分けて書いてしまう方や構造化データの情報の一部しかページ内に記述してないとほぼ出ないので注意が必要です。

b. Googleで検索をして「しごと検索」の表示枠が出るか確認する

Googleしごと検索の表示はすべてのキーワードで出るわけではなく、一部のキーワードでしか「Googleしごと検索の専用掲載枠」が表示されません。掲載の可能性高めるには掲載枠が既に表示されている検索ワードに合わせて求人タイトルを決めると良いです。

もちろん「採用」「正社員」「アルバイト」のような求人に関するキーワードの掛け合わせにすると出る可能性は高まりますが、それでも全部のキーワードでは出ていないので事前に検索結果をチェックしてから始めることを勧めます。

c. 求人情報の期限切れに注意する

求人情報の募集期限切れになるとGoogleしごと検索に出ない仕様なっているようなので、期限切れにならない注意してください。もし想定通りの期限で求人活動を終了しない場合は、ページに掲載している全ての期限データを延長するか、もしくは、新たにページを作成して新しく作成してください。

d. 公開ページに「検索エンジンに表示させないようにする」にチェックを付けて公開している

ページの制作中や準備中にGoogle検索結果に出ないように「検索エンジンに表示させないようにする」にしたままに公開している方もまれにお見かけします。こちらにチェックを入れてしまうとGoogleがページのデータを取りに来てもGoogleがデータを見ることができませんので、当然「Googleしごと検索」にも表示させることができません。公開の際には必ず検索エンジンに表示できるようにしてするようにしてください。
(この為、Googleの検索結果には表示したくないが、Googleしごと検索には出したいということはGoogleの仕様でできませんのでご理解ください。)

e. Googleが読み込んでデータが反映するまでに時間が掛かっている

しごと検索の対応をしてから実際にGoogleが読み込んでデータを反映するまでには多少時間が掛かります。その為、「数時間前に公開したが反映されてない」という場合は単純にこちらの反映待ちの可能性もありますので、少し余裕を持って公開することをお勧めします。

最後に

Googleしごと検索は通常のGoogle検索結果やGoogle広告の掲載枠とは別にGoogleに求人情報が無料で掲載できるということがメリットなので、求人募集をする際には前向きに活用したいです。しかしながら、ちょっとした点でつまづいてしまって掲載されないことも多くあり、ペライチのサポート宛にもよく質問が届きます。ペライチがGoogleしごと検索連携オプションを提供から半年以上経過して掲載されない条件も傾向として見えてきましたので、今回ブログで共有をして読者の皆さまがより有効にGoogleしごと検索を活用できるように書いたつもりです。お役立てに立てたら幸いです。

 

参考文献

参考1: 株式会社スタンバイ「スタンバイ」 https://jp.stanby.com/

参考2: 求人情報 | Google 検索デベロッパー ガイド | Google Developershttps://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

参考3: Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 求人情報ガイドラインを守って、より多くのトラフィックを集めましょうhttps://webmaster-ja.googleblog.com/2019/05/we-updated-our-job-posting-guidelines.html