Googleのコアアップデートについて

Googleがコアアップデートを行う理由

こんにちは、ペライチSEOスペシャリストの杉浦です。
今回の話題はGoogleのコアアルゴリズムのアップデートです。

2020年1月14日にGoogleが年に数回のペースで行うコアアルゴリズムのアップデートが行われました。今回もこのコアアップデートによって、ご自身の運営するサイトで狙っているキーワードの順位に変化があった方もいらっしゃるかと思います。

私がペライチのサポートなどで検索に関する質問を受けている中で、このコアアップデートに関しての質問を多く頂くので、今回はペライチSEOブログに話題として「コアアップデート」について取り上げます。 

コアアップデートとは?

「コアアップデート」とは、Google社が年に数回、Googleの検索アルゴリズムやシステム改善を目的にアルゴリズムに変更を加えるものです。検索のアルゴリズム(計算方法)をアップデートすることにより、検索結果のランキング順にも当然影響を及ぼします。

なお、2018年3月にGoogle社がTwitterアカウント@SearchLiaison(参考1を参照)を通じてコアアップデートの予告するようになってから今回の2020年1月のアップデートで7回目です。
(このコアアップデート以外にもGoogle社は日々検索のシステムに改良を加えており、全ての変更を発表がしているわけではないのでコアアップデートリリース時以外でも大幅な順位変動が起きることはあります)

今後のコアアップデート頻度も同様かやや増えるようと私は考えています。過去2年間は年3回のペースでコアアップデートを行われていたが、今年2020年は1月に既に行われてことから考えても私も若干増加ではないか?とも考えています。

コアアップデートは、Google公式のTwitterアカウント「Google SearchLiaison」(参考1を参照)にお知らせのツイートが変更の直前(当日か前日辺りにツイートされます)

ツイートの文章は毎回ほぼ同じで「〇〇(日付、例えば「Tomorrow(明日)」など)に年に数回行っているコアアルゴリズムのアップデートが行われます。」のような内容でツイートされます。Googleが発表した日付からアップデートの実装が開始されますので、少し時間が空いて、感覚的には翌日くらいから順位が変動が起き始めます。

そもそもアルゴリズムとは?

アルゴリズムは「問題を解決するための方法や手順」のことを意味します。問題に対する答えにたどり着くまでには複数の解法や方法があります。例えば、5という答えには3+2もあれば1+4、7−2のように様々な方法があります。私はアルゴリズムの専門家はないのでニュアンス等に誤りがあるといけないので詳しい説明はしませんが、アルゴリズムに関して詳しいサイトを2つほど挙げておきます。こちらを読めば「アルゴリズムとは何?」ということが理解できますので、興味のある方はぜひご参照をお願いします。

アルゴリズムとは何か (一般人向けの解説)
http://research.nii.ac.jp/~uno/algo_3.htm
アルゴリズム - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルゴリズム

Googleの検索結果の掲載順位の序列を決定するためにも先ほど挙げた例のように答えに出すための様々な方法があるともちろん考えられます。Googleの検索アルゴリズムの具体的な内容は非公開ですが、アルゴリズム200以上の要因から決めている言われており、アルゴリズムをアップデートしていると考えられます。

コアアップデートによってGoogle以外でもアップデートの影響はあるのか?

Google社が発表している「コアアップデート」は、自社の検索エンジンアルゴリズムアップデートをすることを指すので、他社の検索エンジンはもちろん影響が起きません。ただし、Google検索エンジンを使用しているYahoo! Japanなどの検索結果はもちろんGoogle同様に順位変動が起きます。これはGoogle検索エンジンを利用している部分だけで、Yahoo! Japanの場合だと広告・ヤフオク・Yahooショッピング・Yahooニュースなども検索結果に表示されていますが、こちらはYahoo!独自のサービスで検索結果に出すロジックもGoogle社の検索エンジンを使用していないので、Google社が行うコアアップデートの影響は受けません。

コアアップデートをGoogleが行う目的

コアアップデートは、全体として、関連性が高く権威あるコンテンツを検索ユーザーに提供するという Google の使命を果たすために行われます。(参考2から引用)

Googleがウェブマスター向け公式ブログにこのように書いています。 Googleも全てから完成された完璧な検索エンジンであるというわけではなく、日々改良をすることでGoogleを使用する検索ユーザーに満足の行く結果を返すということを目指しているということです。 巷で見かける「SEOの裏ワザ」のようなアルゴリズムの穴を付いたような手法はこのような改善で効かなくなり、検索ユーザーが求めるニーズを満たした本当に良いコンテンツが上位に来るようになってきています。

実際にこれまでも10年前くらいはたくさんの自演の被リンクを付けたサイトや自動生成でつくられたコンテンツが上位にあった時代もありましたが、こうした改良の結果、現在はそのようなサイトは上位に出なくなりました。(一瞬上位に出てもすぐにGoogleに検知され、「手動対策」などのいわゆるペナルティを付けられ順位を下げたり、検索結果に出なくなるようになっています。)

もちろん下がるコンテンツばかりでなく、コアアップデートは「コンテンツ全体に対するGoogleのシステムの評価方法を改善する」ので、今まで良いコンテンツなのに他のサイトに埋もれていたサイトが上位に出るように検索ユーザーの目に触れやすくなり、満足行く結果に繋がるようになっています。

2020年1月14日のコアアップデートの傾向とは?

2020年1月のコアアップデート傾向としては「健康系」と「金融系」のキーワードに順位の変動幅が大きく影響がありました。

例えば、クレジットカード、カードローン、青汁、花粉症、ドッグフードのようなキーワードです。このような「健康系」と「金融系」の商品を取り扱っているサイト運営者はコアアップデートがあった時は影響がないか確認してみることをお勧めします。

元々このような「健康系」と「金融系」のキーワードに関する商品はアフィリエイトの報酬が高額に設定されていることも多く、そういった報酬の獲得を狙うためにたくさん競合もおり競争も激化していますので、Googleのコアアップデートと関係なく日々の改善が必要となります。

また、薬機法など法律に触れる部分は多くあります。過度な口コミを掲載する運営者も多く見られますので、文章を書く時は法律(薬機法や景表法)なども注意して記載するようにしましょう。

コアアップデートで順位が落ちた時の対策と心構え

あまり順位回復を狙ったようなGoogleのアップデートに合わせた対策をしようとするのではなく、次回のアップデートに向けて良いコンテンツになるように日々文章を改善することを私はお勧めします。

なぜ、Googleアップデートに合わせた対策をお勧めしないかというとGoogleアルゴリズムの「200以上の要因」から複合的に評価されて検索結果の順位は決まっています。今回はそのアップデートの対策をすることができたとしても、次回のコアアップデートには保証されるものではもちろんありません。また、コアアップデートは年に数回あり、頻度から考えても効率が良いと呼べるものではないと私は考えております。

長く運営するサイトが評価され、安定したアクセスを確保するためにもGoogleのアップデートを追いかけることよりはサイトの読者に役に立つ見やすい文章への改良を進めることが結果として効率が良いのでは考えております。

なお、Googleの公式ブログにも以下のように書かれています。一部引用します。

掲載順位が下がった場合はサイトを修正しようと思うかもしれませんが、間違った修正を行わないように注意してください。場合によっては、まったく修正の必要がないこともあります。(参考2から引用)

このようにGoogleも日々改善を行っているので、結果として「修正の必要がない」もので何も作業することもなく次回のコアアップデートで再び上位する可能性もあると書かれています。

ペライチ杉浦流!コンテンツの改良法

文章などのコンテンツの改良方法というと一番は加筆もしくは修正を行うことが良いと考えます。しかし、慣れていない方は「どのように行えば良いか?」と迷う方も大勢いると思います。そのような方は文章を「5W1H」に注目してみると文章の内容に厚みを持たせられるチャンスが見つかることが多いです。

5W1H

  • What(なにを)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Why(なぜ)
  • Who(だれが)
  • How(どのように)

改良の仕方は公開している文章を「5W1H」に合わせて整理を行って足りていない箇所を把握します。そうすると、例えば「When」が開催日だとしたら過去の開催も含めて丁寧に説明をする、「Who」が主催者だとしたら主催者のプロフィールを丁寧に説明をするなど、読者の方がより親しみを持って読めるようなコンテンツを増やしていくと良いです。 自分のページにしか載っていないような感想や評価をグラフなどの図や写真を交えて書くと、読者が話題に対して良さを確かめられるうえに独自性も高まりSEOから見た時も良いコンテンツになります。読者としても著者(ページ作成者)が得意なことでの知見がたくさん見られるコンテンツがあると嬉しいですよね。

また、Googleサーチコンソールのキーワードの結果や狙っているキーワードの関連検索ワードをコンテンツに追加していくことも有効だと思います。

1.Googleサーチコンソールを使用した方法

Googleサーチコンソールの「検索パフォーマンス」をクリックすると登録しているURLごとの検索されているキーワードのクリック数や表示回数を確認することができます。 例えば、表示回数が多いのにクリック数が少ないキーワードはクリック率(CTR)が低いので、対策の必要なキーワードであればクリック率を改善するためにタイトルやメタディスクプションの改善などができます。CTRは高いけど、掲載順位が良くないものは文章の中にキーワードをしっかりと盛り込むなどの改善ができます。

GRCキーワード
(注)サイトURLと数値は加工してあります。

Googleサーチコンソールはアカウント登録して、ご自身のペライチページのに設定をする必要があります。詳しくはペライチヘルプに詳しくまとまっていますので、ヘルプをご確認して設定をお願いします。

グーグルサーチコンソールをペライチで利用する方法 - ペライチヘルプ https://peraichi.zendesk.com/hc/ja/articles/360022476973

2.関連検索ワードを使用した方法

GoogleYahoo!などの検索エンジンでキーワードを検索した時に下に「関連検索ワード」が表示されます。皆さんも一度は見たことがあるかと思います。こちらは検索したキーワードと関連したキーワードなので、検索エンジンの利用者が掲載しているキーワードも興味を持っている可能性が高いと言えます。

狙っているキーワードの関連検索ワードに載っていて、かつ、ページに掲載している内容とも関連があるキーワードはそのキーワードに関する内容を追記して改良できるチャンスなので積極的に活用しましょう。

関連検索ワード
※画像のピンクで囲っている部分が「関連検索ワード」です。

その他にもABテストツールで2つの表現を動的に切り替えながら検証したり、ヒートマップツールを導入して読まれていないコンテンツを書き直してしっかりと読む文章に改良する(リライト)など 様々な方法がありますが、まずは本記事で紹介した内容を試してみることをお勧めします。

ABテストツールやヒートマップツールの説明は導入からしっかりと説明する必要がありますので、今回は割愛しますが、またいずれご紹介できるタイミングでしたいと思います。 (興味を持たれた方はぜひ検索して導入をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?)

最後に

コアアップデートはGoogle社が検索ユーザーに満足の行く結果になるように年に数回おこなわれています。2017年以前は非公開だったが、リリースを公開した方のがサイト運営者、ユーザーともに満足度が高いということがわかり、現在はSearch LiaisonのTwitterを通じて公開しています。(今後こうした発表がなくなる可能性もあります)

Google 検索の改善に完璧なものなどありません。Google がアップデートをし続ける理由はそこにあります。Google では多数のフィードバックを取り入れて、テストを積み重ね、ランキング システムを常に改善しています。

Googleの公式ブログにこうして「常に改善」して検索ユーザーが満足が行く結果に挑戦しているので、サイト運営者は良いコンテンツになるようにコンテンツを改善したり、文章を追加したりすることで良いサイトに日々改善することが実は検索結果上位(SEO)の最短距離になるように感じています。

ペライチもこうしたGoogleの意図を汲みながら「ホームページ作成サービス」としてペライチユーザーの皆さまが良いコンテンツが簡単にできるようなものを提供しています。 そのような積み重ねが結果的に「SEOに強い」サービスと呼ばれるようになっていると思っております。引き続き、機能改善を進めまいります。ご支援よろしくお願いいたします。

参考資料

(参考1)[Twitter] Google SearchLiaison https://twitter.com/searchliaison

(参考2)Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]: Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと
https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html

(参考)Official Google Webmaster Central Blog [EN]: What webmasters should know about Google’s core updates
https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html