【代表・橋田が解説!】ペライチ決済の購入完了画面のアップデートについて

最近のペライチでは、「ペライチ決済」の購入完了画面で任意のページを設定できるようになりました。機能が使いやすく、使われやすくアップデートされたことに違いはないのでしょうが、これだけ聞くと、今まではどうだったのか、何が便利になったのか、何やら汲み取りにくい雰囲気がしますよね。

しかし、以前からの「ペライチ決済」のユーザーの皆さんにはかなり喜んでいただけた機能アップデートとなりました。一体、この機能アップデートって結局何だったの…?という部分を、今回も橋田が解説します。

 

f:id:peraichi:20190927180318j:plain

 

ペライチ決済の購入画面で任意のページが設定できるようになったという今回のアップデートですが、変化した部分を簡単に言うと、

商品の購入完了後に表示される「購入ありがとうございます」というサンクスページについて、これまでは、ペライチが用意したページが表示されていたところを、ショップオーナー側で自由に設定できるようになりました。

例えば、設定画面にURLやフォームを設置して、商品購入後の流れを説明するような使い方ができる他、次回利用時のクーポンやメールマガジンの登録ボタンなどを設置して、ショップのリピーターを獲得することを狙うような使い方などもいい例として考えられます。

こんな機能を実装した経緯としては、やはり、ペライチ決済をご利用の皆さんからのユーザーニーズが非常に高かったからなんですよね。リリース直後、「待望の機能だった!」「これでCVが上げられます!」などのお声が殺到しました。

この機能がそれだけ歓迎された訳としては、ペライチ決済が無形商材の販売が可能で、セミナーやワークショップなどのサービスの販売と相性が良いので、セミナー講師の方やコンサルタントの方に多くお使いいただいているという背景を持ったサービスだからなんですよね。

ここからは、セミナーやワークショプなどを販売する場合を前提にした実例を交えながらの話になりますが、そういったサービスの購入後には、日程調整や事前の共有事項などのコミュニケーションが必ず入ります。

もちろん、商品の購入後にはメールでのやり取りも可能ですが、決済が済んだ時点で、ショップオーナーと購入者の双方で大まかなコミュニケーションが取れれば、購入者側ではサービスに対する安心感が上がりますし、ショップオーナー側としても、購入者側と連絡を取る手段が二重になるので、コンバージョンアップや、ドタキャンの防止が期待できるでしょう。

かく言う僕も、ペライチ決済で作った「秘密のモーニング」という自分のページを持っているので、今回アップデートされた部分を実際に触ってみました。

こちらのページです。

f:id:peraichi:20190927180514p:plain


ちなみにこのサービスは、申し込みをしてくれたスタートアップが気になる20代の若者を、お気に入りの渋谷のモーニングに招待し、一緒に朝食を摂りながらスタートアップについての話をしたり、相談に乗るような趣旨のサービスです。

このサービスの特性上、購入者とは日程調整ののちに実際に会って朝食をご一緒することになるので、購入者の電話番号やメールアドレスの確認の他、事前に質問しておきたいことや、日程調整についてなど、事前のコミュニケーションが大切になってきます。

ひとまず僕のページでは、購入者側で事前に共有しておきたいことや、伝えておきたいこと、電話番号などの連絡先を簡単に書き込んで送ることができるフォームを設けてみました。

今後も、サンクスページ含め、このページは余裕があるときに更新し続けようと考えています。

最近のペライチでは、機能のリリースやアップデートがかなり多くなってきましたが、人によっては便利に思うもの、自分のページでは使わないなと思うものなど色々あることと思います。
それには依らず、ホームページの定期的な更新は大切なので、皆さんもこまめに自分のページを更新するよう心がけてください。その中で何か新しい機能を見つけたら、まずは簡単でもいいので、臆さず使ってみてくださいね。


■編集後記
いかがでしたか?決済手段が増えたことに続いて、「ペライチ決済」に関する機能向上についての解説でした。昨今でオンラインショップを開く手段は様々ですが、中でも「ペライチ決済」の大きな特徴は無形商材の販売が可能で、今すぐに始められることです。「ペライチ決済」に関する記事と、「ペライチ決済」の詳細なページを下に記載しますので、ぜひ興味を持たれた方は、読んでみてくださいね。

 

「ペライチ決済」の詳細

kessai.peraichi.com

「ペライチ決済」で使用できる決済機能について

blog.peraichi.com