ペライチの法人向けプラン、エンタープライズプランのご紹介

最近ペライチの料金表に、新たに「エンタープライズプラン」に関する項目が増えたことはご存知でしょうか。ページ追加コスト軽減、複数アカウント利用可、請求書払いに対応などの特徴を持つ、ページを大量に持ちたい方へ向けたプランのようです。

 

f:id:peraichi:20190923105101j:plain

 

今週のペラログ編集部はこのエンタープライズプランに着目し、ビジネスプランとどう違って、どれくらいお得なのか、どんな人が使うことを想定しているのか、などエンタープライズプランに関する疑問を、担当の小峯さんに聞いてみました。



ーー本日はお時間いただきありがとうございます。早速、かなりアバウトな質問なのですが、「エンタープライズプラン」とはどのようなプランなのでしょうか。

 

小峯)

名前通り、ペライチの法人利用を考える方へ向けたプランなのですが、平たく言ってしまえば、ヘビーユーザー、大量にページを作りたい方へ向けたプランです。

 

ご覧いただいている多くの方には、ペライチのページを大量に使いたいという具体的な場面に、あまりイメージがつきにくいものかもしれませんが、私たちは例えば、複数の広告のLPを自分たちで回したいという事業会社さんや、ペライチでホームページの制作代行を行う制作代行会社さんからこのプランをご利用いただくことを想定しております。

 

f:id:peraichi:20190923105159p:plain

エンタープライズプラン特設ページのメインビジュアル。「50ページ以上利用したい方向け」とありますが…?

 

ーーやはり、大量にページが必要となるシーンはほぼ法人利用される場合として想定されますよね。では、「ペライチでビジネスを行いたい方向け」として存在するビジネスプランとはどう違うのでしょうか。具体的なプランの内容や料金体系について教えてください。

 

小峯)

意外に思われるかもしれませんが、エンタープライズプランで使える機能やパッケージの内容はビジネスプランと全く相違ありません。

 

本来、エンタープライズプランの出発点は、ペライチでページを沢山使いたい方や、アカウントを複数使うような利用の仕方を検討される方へ、少しでもお得にペライチをご利用いただけるようにご提案させていただいた特別割引のような概念です。そのため、50ページ以上の公開ページ利用することがこのプランを契約する場合の前提条件となります。ヘビーにペライチを利用される方へお得にご利用いただくことを趣旨としているため、プランに加入することに対する料金などは発生しません。

 

エンタープライズプランに加入する条件を満たしている場合に、本来、月々2980円のビジネスプランを1アカウントに付き400円で追加発行することと、1ページあたり280円からページを追加購入していただくことが可能になる、というシンプルな仕組みです。

ページを追加購入すればするほど1ページあたりの単価が下がり、お得にページを量産することが可能となります。

 

実際にビジネスプランに比べてどれほどお得に利用できるのかは少し伝わりづらいと思うので、ビジネスプランを利用していて追加でページを購入した場合と、エンタープライズプランを利用した場合とでシミュレーションしてみましょう。

 

まず、ビジネスプランとエンタープライズプラン、互いに1アカウントで100ページ公開ページを持つ場合、

 

ビジネスプランの基本パッケージに含まれる公開可能ページ数10に追加で90枚のページを購入した時の価格は 

2980+300×90=29,980(円) 

となり、

 

対してエンタープライズプランで1枚あたり280円のページを100購入した場合の価格は
400+280×100=28,400(円) 

 

となるので、差額は1000円弱、若干の得といった感じになりますが、

 

公開したいページ数が400ページ、500ページ、と増えた場合、追加で購入できるページの単価も250円、240円、と減額されてゆくので、500ページ時点での計算は互いに


ビジネス 2980+300×490=149,980(円)

エンプラ 400+240×500=120,400(円)

 

となり、かなり料金に開きが出ることが分かります。

グラフにまとめると下図のようになりますね。

f:id:peraichi:20190923105027p:plain


小峯)

エンタープライズプランは、一部のお客様だけにご提案していたプランでしたが、ページ数を大量に追加購入するユーザーの数が多くなってきたことに伴いプラン内容を整理、ランディングページを特設し、オープンな存在にしました。

 

それに伴って旧エンタープライズプランから変更されたことは、1ページあたりの割引開始となる敷居を100ページから50ページに引き下げたことと、企業様向けですので請求書払いが可能になったこと、専任のスタッフを置いたことです。

 

ひとつのサービスを使って沢山のページやアカウントを運用する際の大きなリスクとなるのはトラブルが発生した場合の損失の大きさですが、やはり大きなデータをお預かりさせていただいているお客様ということで、エンタープライズプランのお客様にも安心してご利用いただけるような体制を敷きました。

 

今後、事例も併せてこの場でエンタープライズプランをさらに詳しくご紹介させていただければと考えていますので、ペライチの法人利用にご興味のある方は、ぜひ続きも気にしていただければなと存じております。

 

ーーお時間いただき、ありがとうございました。続報、楽しみにしております。



■編集後記

 

いかがでしたか?50ページ以上のページを持つことが必須となるユニークな法人向けプランのご紹介でした。現在ビジネスプランをご利用されている方でも、突然50ページ以上のページを使いたいな、と思い立ち、エンタープライズプランを検討してみようと思われる方は稀かもしれませんが、これを機にワンランク上のプランと、現在のプランを見比べてみることも良いかもしれません。ペライチのプランや機能情報に関して、使い方などを紹介した記事もこちらに載せておきますので、ぜひ、併せて読んで、ご自身のプランを見直す一助としてくださいね。

 

ペライチの新料金を詳しく解説

blog.peraichi.com