ペライチの新料金を詳しく解説

 

こんにちは、株式会社ペライチ代表取締役の橋田です。

今週のペラログでも、先月末に行われたペライチのプランとオプションの全面見直しについての話題が続きます。

今週は僕から、先月末に行ったペライチのプランとオプションの全面見直しについてプロダクト観点から、それぞれどんな使われ方を期待するのか、具体的な使い方の工夫や、「こんな使い方できるのかな」と僕らが想定している利用シーンについて、プランとオプションそれぞれに沿って書いていこうと思います。

 


■そもそも、何が、どう変わったのか

プランの見直し

さて、大枠として、今までとは何が変わったのかですが、まず、ベースプランと呼ばれる4つのプランに関して、変わったのはこの2つ。

 

・プランの名前の変更

・ビジネスプランの新設

 

ビジネスプランに関しては、実はシンプルにいうと、今まで料金表の列には加えられていなかった「旧安心まるごとプラン」と内容が据え置きとなっているため、実際のところ、単純に、各プラン同様名称が変わり、加えて価格がリーズナブルになったということになります。プラン表は下の通りです。

 

f:id:peraichi:20190206131411p:plain


新しくなったペライチ「プラン」の詳細は下記にてご覧いただけます。

peraichi.com

 

オプションの見直し

プランに対して、オプション機能は大きく変わりましたね。

具体的なアップデート内容としては、

今までオプションとして単品で購入できる機能は「公開可能ページ数の追加機能」と、「カート決済機能」のみであったところ、ベースプランに紐付いていた有料機能を「バラ売り」という形にしてピンポイントで購入できるようにしたというものです。

 

月額500円から1000円ほどの価格帯で、「独自ドメインの設置」や「メールマガジンの配信機能」など、一部の有料プランに含まれる機能の単体を、パックに含まれないプランにも追加することができます。

 

「バラ売り」された各オプションの一覧は下記にてご覧いただけます。

peraichi.com

 

ざっくりとした基礎のお話はここまでとして、ベースプランとオプションに変更を加えたことで、今後どんな使われ方が期待されるのかを書いてみたいと思います。

 

■ベースプランと、それぞれの利用イメージについて

 

まず、我々にとって、プランの名前を変えるというのは大きな決断でした。

プランの内容としては、ペライチの中で使える機能やできることが増えたわけではないので、そういった観点では、ベースプラン自体が大きく変わったというわけではありません。

 

本来、ペライチの使われ方としては、最初に自分のレベルに応じたプランを選択していただき、事業の拡大に伴わせて、スケールに見合ったプランへとステップアップしていただくことを想定しています。

 

リリースから4年が経とうかという現在、ペライチを使い込んで、プランをステップアップしていくユーザーさんが増え、有料課金してでも使いたいという方も増えてきました。

 

実態としても、有料ユーザーの比率としては、レギュラープランの加入率が高く、課金ユーザーのうち6割がレギュラープラン(旧プレミアムプラン)を利用するユーザーであるということが調査でも明らかになっています。

 

これを折に、このプランをベースプランのスタンダードにしていきたいと我々も考え、想定される使われ方も含めて検討し、その結果、ホームページを始めるときの基本的な機能が網羅されている、旧プレミアムプランこと、レギュラープランを、新たにスタンダードとなるプランとして位置付けにすることが決まりました。

 

今までの「プレミアムプラン」という名称の響きが、敷居の高い印象を与えかねない懸念もあったので、レギュラーという表現にして、ベーシックなプランとして構え直すことで、今回のプラン変更の主軸が定まりました。

 

それに伴って、「レギュラープランを試して良いか、まだわからないので、手始めに気軽な価格で試してみたい」という方へのために通常プランを、ライトプランへ改称しました。もっと気軽に、という意味を込めています。

 

そうして、ビジネスプランの新設に関しては、他と比べて割高だった安心まるごとプランを手にとっていただくために価格を下げた打ち出しであるということは前述の通りですが、レギュラープランに加えてホームページをもっと使いこなしたいという方、というユーザー層を想定した時に、主にビジネス寄りの利用シーンが想定されたので名称をビジネスプランとしました。

 

元となっている安心丸ごとプランが7,980円ですから、かなりお求めやすくなりましたね。




■オプション機能と、オススメの使い方

 

一部のプランの中でだけ使える有料機能をバラ売りすることは、ユーザーさんからの強い要望の一つでした。この機能だけ使ってみたいというお声ですね。

このニーズにお応えする試みとして、オプション機能として「バラ売り」を実施しました。

 

オプション機能の価格帯としては、オプション2つ以上組み合わせると、それを包括するベースプランを選択していただく方がお求めやすくなる仕組みとなっています。

そのため、位置付けとしては、

 

・気になる機能をお試しで使ってみたい方

・この機能だけあれば事足りる、という方

 

に便利に使っていただけるのではないかと思います。

 

※オプション機能の内容について詳細をご覧になりたい方はこちらをご参考になさってください。

 

「バラ売り」したオプション機能の組み合わせ方としては、例えば、ネットショップをやる方であれば、「決済オプション」と「独自ドメイン」の組み合わせなんかがオススメです。ネットショップをするので、「決済カート」は当然として、「独自ドメイン」を合わせて設定すれば、そのネットショップの信頼性を高めることができます。

「決済カート」と「独自ドメイン」二つの機能を合わせて、月額1500円となるので、レギュラープランのプラン課金よりは安くなりますね。

 

このようなオススメの組み合わせは今後もペライチかららユーザーさんへ、いくつか提案させていただければと思います。

 

こうして、ピンポイントで欲しいオプションを二つ三つ、と増やし、継続的に使って行くとなると、次第にそれらのオプション機能を包括して利用できるプランへの切り替えがお得になります。弊社の共同創業者の山下の例えを借りると、レストランで例えると、「オプションがアラカルト」で「プランがコース」みたいな感じですね。

 

以上のことから、ペライチのユーザーさんにとっても、上位のプランへ移行する際の足掛かりみたいなものとして、各機能のお試しがしやすくなったのではないかと考えています。

 

また、オプション機能を「バラ売り」にすることで、ペライチとしても、どの機能が人気なのかの把握がしやすくなりユーザーさんの求める改善点をさらにプロダクトに反映させやすくなるので、良いなと思いますね。



■最後に…

前回の山下のブログにもありましたが、今回のプラン変更の一番のポイントは、何よりも、わかりやすくなったことです。

 

新プランをリリースしてから、3週間が経ちますが、初めの1週間くらいでビジネスプランの契約が増えました。ユーザーさんの利便性を考えて施行したことが、ユーザーさんに伝わりやすくなったことの現れなのではないかと嬉しく受け取っています。

 

今回ご紹介したら新しくなった「料金プラン」と「オプション」の詳細はそれぞれ下記からご覧いただけます。ぜひこの機会にお試しください!

 

料金プラン

オプション

 

今週も、ブログをご覧いただいてありがとうございました。