2019年新年にペライチを振り返ってみた

f:id:peraichi:20190109183657j:plain

 

新年明けましておめでとうございます。

 

ペライチ共同創業者 山下です。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、

 

2018年の今年の漢字は「災」でした。

 

 

今年の漢字は毎年、

 

日本漢字能力検定協会が全国公募により、

 

その年を表す漢字を募っています。




「災」と言う漢字が選ばれるほど、

 

多くの方が、世の中の在り方・社会の激動に

 

危機感を感じている、と

 

私は感じました。




このようなご時世だからこそ、

 

私がよく口にしている「信頼」

 

つまり、「人と人との繋がりを大切にする」

 

「相手を思いやる」ことが、

 

より一層、大事になっていくと思っています。




新年、せっかくなので、

 

一度「ペライチ」について振り返ってみたいと思います




「ペライチ」は

 

お陰様でリリースしてから今年の4月で4年が経過し、

 

今年は20万人を超える方に

 

ご利用いただけると見込みが立つほどに成長しています。




そもそも、創業するにあたり

 

「ホームページ作成サービス」をはじめた理由の一つに

 

技術が日進月歩で進化する中、

 

日本では「1億総ネット利活用時代」が実現できると言う

 

確信があったからです。




事業やビジネスにおいて、

 

インターネットを使おうとする時の

 

初めの一歩として、

 

まず最初に知る概念が「ホームページ」です。

 

もはや「ホームページ」という言葉を知らない人は

 

ほぼいない、と言い切っていいほど

 

世の中に浸透している概念です。

 

最近、総務省が報告していましたが、

 

日本の企業の約90%(*)がホームページを持つに至っています。

 

それほどまでに、

 

企業では、ホームページを持つことが当たり前になってきています。

 

*平成29年 通信利用動向調査報告書(企業編)




しかし、冷静に、世の中を眺めてみると

 

まだまだ、

 

ホームページの作成ができていない、

 

ホームページを持っていても

 

難しくて、更新できていない、

 

と言うの方々が圧倒的に多いというのが

 

私が全国各地を飛び回る中で感じる実態です。




ペライチがここまで、成長してこられたのは

 

「IT」と「人」の力を結集しているからだと

 

私が常日頃から言っています。




「IT」とは

 

「世界で一番カンタンなホームページ作成サービス」を目指して

 

技術の力で、誰もがカンタンに、

 

ホームページが作れるようにしてきたこと。




「世界で一番カンタン」を目指すから、

 

インターネットに不慣れな方でも、

 

利用できるサービスだ、と自負しています。




当社で実施したアンケート結果をみると、

 

ユーザーの平均年齢も、

 

一般的なITサービスよりも高く

 

平均年齢が50歳前後でした。

 

実際に私がセミナー等でお会いする方も

 

50代以上の方が非常に多く見られ、

 

「世界で一番カンタン」を目指しているからこそ、

 

一般的にITに慣れていない、と思われている世代の方々でも

 

ペライチの利用に至っているのだと考えています。




一方で、「人」もペライチの大事な力

 

だと言いました。

 

これは、ペライチを創業してから、

 

はっきりとわかったことですが、

 

より多くの方々、

 

それこそ世界中の方の「成長に寄与したい」

 

と考えた時、

 

「IT」の力だけでは、不十分だ、という確信からきています。




私は、

 

それこそ毎日、日本全国、南から北まで、

たくさんの地域に訪問させていただいているのですが、

 

そこでは、

「どうやってITを使っていいのかわからない」

 

「そもそもITを使うべきなのかもわからない」

 

「興味はあるけど、よくわからないから、誰かに相談したい」

 

と言った、お声をよくお伺いします。

 

私はそのような声に答えるには

 

「人」の力が必要だと考え、

 

「47都道府県サポーター制度」を2年前に作りました。




「47都道府県サポーター制度」とは

 

もともとペライチを利用していたユーザーの中で、

 

特にペライチの「想いや活動」に共感いただいた方々が、

 

これから、ペライチを使おうとしている

 

もしくは、今、ペライチを使っていただいている方々の、

 

先生となって、

 

ペライチの利用を広めたり、

 

ペライチを活用して地域の方々の事業や

 

活動を成長に導いていただく制度となります。




この「サポーター制度」において大事なのは、

 

サポーターの方々がペライチの代理店ではなく、

 

ペライチと、信用と信頼でつながる、「コミュニティ」である、

 

と言うことです。




今では、全国に

 

300人ちかくに到るまで、拡大しました。




ペライチが、

 

広告に頼らず、成長してこれたのは

 

ひとえに、

 

もともとはペライチユーザーであった「サポーター」の方々が

 

「ペライチ」を広めてくれたからです。




平成最後の年、と言うことで

 

新しい時代の節目を迎える年となりますが、

 

今年も「ペライチらしく」

 

人と人としてのつながりを大事にし、

 

より使いやすいサービス提供に努めつつ、

 

ユーザーの皆様との「信頼」を大事にしながら共に歩み、

 

ユーザーの皆様と、そしてペライチ自身の、成長・結果につながれるよう

 

精進してまいります。




そして、

 

来たる「1億総ネット利活用時代」に向けて

 

ペライチにしかできない

 

社会、そして国の発展への貢献を

 

これからも、続けてまいりますので

 

みなさま、どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

■編集後記


年初に際しての山下のご挨拶・並びにペライチのビジョンやリリースされたサービスについて、さらに具体化された記事が拡充いたしましたので、よろしければ、以下の記事も併せてご一読ください。(2019/07/08 現在)

blog.peraichi.com

blog.peraichi.com

blog.peraichi.com