ペラログ

ぺライチの人・文化・サービスを主に発信します。

起業家志望者必見!!うるる社内イベント【うる水】に代表取締役の橋田がゲスト登壇!その模様を密着レポート!

みなさんこんにちは!

先月からペライチ法人営業部門の立ち上げメンバーとして働いている芝先です!
今回は急遽広報担当者がイベントに同行できなくなったため、”興味のある仕事ならどんな仕事でも獲りに行く!”というスタートアップらしさを発揮し、私がピンチヒッターを務めさせていただきました!

さて、今回私が取材したイベントは、2017年6月14日(水)に株式会社うるる様(以下うるる)のイベントスペースにて行われた「うる水」です。
隔週水曜日開催なので「うる水」という名がついているのですが、今回は弊社代表橋田がゲストスピーカーで招かれました。

f:id:peraichi:20170619140636j:plain

橋田はペライチを創業する前はうるるにてエンジニアとして勤めていたという経緯もあり、今回のうる水の公演テーマは【うるる経由 起業行き〜僕がうるるで学んだこと〜】でした! 

f:id:peraichi:20170619141057j:plain 具体的に以下の3つのテーマで話をしました!

1.「うるる時代の話」
2.「起業してからの話」
3.「新規事業をやる上でのマインドセットの話」

これからエンジニアとして働きたい、現在起業を目指している、新規事業の担当をしている、してみたい!という方には必見の内容となっていますので、その模様を密着レポートしていきます。


1. うるる時代

f:id:peraichi:20170619143616p:plain

橋田がうるるにエンジニアとして勤務していた期間は2009年11月〜2014年2月までの約4年。その間、今もうるるのメイン事業であるNJSSのエンジニアとして活躍し、主に以下の機能の開発した。

- お客様の声
- 見積書発行機能
- NJSS+
- スクレイパー(プログラムによる自動情報収集)
- CakePHPバージョンアップ(1.2→1.3)など 

うるるにはエンジニア未経験で入社したため、入社当時はコードを書くのに相当苦労したというが、諦めずに粘り強く働いたことで徐々にできることが増えるようになっていった。

またエンジニアではなく、経営者として働くようになった今でもうるるで学んだ以下の3つのことが活きているという。

  • NJSSのビジネスモデル
  • グロースハック・ABテスト手法
  • アットホームな文化の醸成

たしかに私がペライチで働いていても、橋田がうるるで学んだという「会社はホーム、社員はファミリー」というアットホームな文化はそのまま活かされているなと実感した。 

. 起業してから

f:id:peraichi:20170619145714j:plain

橋田が起業を準備し始めたのは2012年からだった。

  • なぜ起業したか?
    橋田はWebサービス大好きエンジニアであり、当時からスタートアップ関係者と多く出会っていた。彼らと接する中で「作ったサービスが使われて、好きな人と仕事が出来る」という生き方に憧れ、起業を志すようになった。

  • なぜペライチなのか?
    起業を志してからはたくさんの事業プランを考えたという。その中でペライチが一つの事業の候補として浮かんだのは・・・
    「奥さんの友達が困っていたから」
    というとてもシンプルな理由がきっかけだったそうだ。
    彼女がホームページを作ったものの、橋田曰く「なんでこうなった」という出来になってしまい、色々なサービスを調べたが、彼女にオススメできるものがなかった。
    それなら「誰でも簡単にWebページが作れるサービスを自分で作ろう!」と思い立ったと語った。

  • ペライチを真剣に事業化するときに検討したこと
    サービスを「自分がやるべきか?」ということを一番考えたと橋田は言う。
    構想した事業はペライチ以外にも様々あったが、考えた結果、ソフトウェア・ツール系のサービスの方がエンジニアである自分の得意が生かせるということで、ユーザーヒアリングをした結果、意外とみんな困っているということが分かり、ペライチを事業として進めていく決意した。

3. 新規事業をやる上でのマインドセット

f:id:peraichi:20170619192332j:plain

橋田が起業して、ここまでペライチを成長させてきた経験の中で、伝えたいことが3つあるという。

  • 小さくまとまるな
    新規事業に取り組むなら、会社を一つ作るつもりで本気でやろう!と橋田は言う。また、橋田自身も起業する際に一番考えた「自分がやるべきか?」という部分で、自らが本当に取り組みたいと思う課題に取り組むべきだと訴えかけた。

  • 会社の外へ行け
    社内の中だけでなく、会社の外にも積極的に出ていくことが重要である。そうすることで、事業、ビジネス、人脈の引き出しが増え、起業する際に必ず活きるとのことだ。

  • 既存事業とのシナジーを考えすぎるな
    既存事業とのシナジーはもちろん重要な点だが、それを考えすぎると、事業が小さくまとまってしまいがちになる。枠にとらわれずに柔軟かつ大胆に新規事業を進めるためにも、一度既存事業のことを忘れ、構想を練ることが大切だという。

そしてここで橋田が一番強く訴えていたのが、「絶対にこの人たちの悩みを解決するんだ!」当事者意識を強く持つことの大切さである。

自分が解決できてかつ、他の人がめんどくさがってやらないようなハードルの高いことに挑戦すること・・・それがベンチャースピリットである!!という熱い一言でプレゼンを締めくくった。

. 質問コーナー

f:id:peraichi:20170619192722j:plain

うる水では登壇者のプレゼンが終わった後、オーディエンスからの質問を登壇者にぶつける質問コーナーがある。

橋田がうるるに在籍していたこともあり、うるる時代での質問を中心に、起業関連、ペライチの現状についての質問が多くされた。またここでは言えないようなぶっちゃけ質問も多くあり、質問コーナーは大盛況のうちに幕を閉じた。

f:id:peraichi:20170619194923j:plain

5. まとめ

いかがでしたしょうか?以上が今回の「うる水」のレポートになります。
私が橋田やうるるの皆さまを見て一番思ったのが、アットホームな雰囲気っていいなということでした。橋田がうるるを離れて3年以上が経ちますが、みなさん本当に近い距離で、昨日まで一緒に働いていたかのようにフレンドリーで、これぞアットホームな文化!というものを肌で感じることができました。

またそのアットホームな雰囲気は弊社の「オープンである」という価値観に確実に引き継がれているんだなぁとしみじみと実感しました。

卒業生である橋田を暖かく迎えてくださったうるるの皆様には本当に感謝です。ありがとうございました!

f:id:peraichi:20170619194945j:plain

株式会社ペライチでは一緒に働く仲間を募集しています!

今回のように様々なイベントに参加できたり、経営者と近い距離で働けるチャンスも!
ぜひお気軽にオフィスに遊びに来てください^^

現在募集中の職種はこちらからご確認ください!▼
https://www.wantedly.com/search?t=projects&q=%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%81