決済プランチーム座談会 #2 チームの話

 

f:id:peraichi:20170110121044j:plain

橋田(はっしー 写真右):代表。今回のモデレータ
香月(かっきー 写真左):プロダクトマネージャー兼エンジニア。
小川(写真中央):デザイナー。

 

シリーズでお届けしています、この企画。前回の記事はこちらです。

blog.peraichi.com

 

橋田:

ちょっと次のテーマなんですけど、社内にいるエンジニア・デザイナーの中から、チームを作る、それから作業分担するみたいなところについて聞いていきたいんですけど、チームって何人ぐらいでどういう役割の人がいました?

 

香月:

チームは、PM1人、エンジニア1人、デザイナーが2人、あとはテスターが1人です。

 

橋田:

先ず最初にチームを作ると同時に、というかその前の時点でさっきの設計の話があって、設計をやりながら、どういうチームを作ろっかみたいな話をしてたと思うんだけど、例えば、さっきもちょっとあった、それぞれの役割分担をもうちょっと細かく教えて欲しいんですけど。

 

香月:

PMが僕なんですけど、僕は実際に工数管理とかスケジュールひいたりとか仕様決めのところをメインでやっていて。

 

橋田:

コードは書きました?

 

香月:

コードも書きました。エンジニアと一緒にサーバーサイドのコードを一緒に書いてました。あとは…

 

橋田:

つまりプレイングマネージャー

 

香月:

ですね。エンジニアっていうと、サーバーサイドエンジニアが僕以外にもう1人いて、彼に決済のAPI連携のところを全部お願いしてました。

 

橋田:

API連携っていうのは、もうちょっと詳しく説明して欲しいんですけど、つまり、裏側に決済サービスがあって。

 

香月:

その上位接続先の決済サービスとペライチをつなぎこむAPIです。

 

橋田:

なるほど。そこの作りをやってもらったと。

 

香月:

はい。

 

橋田:

あとは、他の役割の人でいうと。

 

香月:

デザイナーが、主に小川さんに全体のUXの設計をしてもらっていて、もう1人デザイナーの方はフロントのエンジニアリングもできる人なので。

 

小川:

そうなんですね。僕が本当に全体のUIの設計とか画面の仕様書を作って、最初の最初は自分がコーディングとかまでやるつもりだったんですけど、もう1人のデザイナーの方が、デザインもコーディングもできる方なんで

 

香月:

本当、器用だよね。

 

小川:

器用ですね。幅広くできるので、ほぼほぼ実装のほうはもう一人のデザイナーに一任して、僕は全体のクオリティとか、あとは本当にちっちゃい画像とか作るっていう、完全に上手い具合に分業ができたんです。

 

香月:

良い分業体制だよね。

 

小川:

はい。大分スピードも速くできたし、それぞれがやることに集中できたんで、クオリティは高くできたかなと思っています。

 

橋田:

でもって、もう1人。

 

香月:

テスターです。

 

橋田:

テスターって何する人ですか?

 

香月:

テストをしまくる人です。

 

橋田:

はいはい。

 

香月:

女性のエンジニアの方に入ってもらって進めたんですけど、要は決済サービスなので、不具合やセキュリティ的な脆弱性があるとユーザーさんにすごく迷惑がかかってしまうので、そこの部分をテストを入念にやろうと決めて、今回からテスターという役割を入れることにしました。彼女には、作った機能を片っ端からテストしてもらい、不具合や仕様バグを洗ってもらいました。

 

橋田:

はい。ただの動作確認をする人ではなくて、仕様のところから、ここ怪しいんじゃないのみたいな突っ込みとかがあったり。

 

香月:

そうです。ユーザーがどう感じるか含めたUXの部分や、ちょっとした文言が適切なのかとか。そういう細かいところまで全部見てもらいました。

 

橋田:

ていうか、そこまでやってもらうことって、想定してた?

 

香月:

いや、想定してないです。

 

橋田:

良かったこと、だよね。想定してなかったけど、彼女の能力が高くて。

 

香月:

そうです。

 

橋田:

そういう突っ込みもばしばししてくれたのが嬉しい。

 

f:id:peraichi:20170110121129j:plain

 

 

香月:

元々想定して役割でいうと、テスターエンジニアとして入ってもらって、いわゆるEtoEのテストですね。マニュアルテストっていうんですけど、ブラウザーを通した動作確認っていうのを、Seleniumを使って自動化してもらって、それをテストをしまくると。何回も走らせて不具合が出ないかどうかを検証するっていうのをペライチの新しい機能、決済サービス全体を通して仕様を作ってやってもらうということを想定してたんですけど。もちろん、それをやってもらうなかで、想定していなかった仕様バグを見つけたりとか、UXに突っ込みを入れたりとか。

 

橋田:

いやー、彼女のバリューが超ヤバかったよね。いわゆるベンチャーではって話になるかもしれないんだけど、人数が少ないところって個々の能力が本当に重要だし、例えば僕らがこれお願いしますっていった以外のことでクオリティが上がることとか。で、能力を発揮してくれる人が重要かなと。本当に彼女に入ってもらって良かったと思うし、あとは、自走できる人が最強ってよく言うと思うんですけど、今回の例で本当にそうだなと思って。クオリティ良くするために、それ以外の仕事もガンガンやる。つまり、仕様バグだったりUXのところだったり文言のあたりの細かいところもどんどん突っ込んでくれて、皆納得感あるんですよ。そこがすごく良かったよね、入ってもらって。

 

ちょっと話を戻しますけど、その他、例えばテスター以外の部分でいうと、サーバーサイドのエンジニアリングは、2人でどういうふうに進めてたんですか?

 

香月:

2人で役割を決めて進めました。特に決済機能のAPIっていうのがドキュメント量が半端じゃなかったんです。

 

橋田:

あれ、何ページぐらいあったんだっけ?

 

香月:

100ファイルぐらいあって。

 

橋田:

100ファイル??

 

香月:

ページじゃなくて。20ページぐらいのドキュメントが100ファイルぐらいあって。

 

橋田:

やばいやばいやばい。それだけで何ヶ月かかるんだっていう話だね。

 

香月:

そうなんです。なので、APIの部分はサーバーサイドエンジニアの方さんに全てお願いしていました。

 

橋田:

しょうがないよね。

 

香月:

2人で読み込んでも費用対効果が下がるだけなので。

 

橋田:

やるしかない。

 

香月:

そこは分業にして、彼にAPI周りを全部って形でお願いしました。で、僕のほうでいうと、最初、スピード感を出すために一気に作り上げるところで、僕がCakePHPのbake(編集注:CakePHPMVCを自動生成するスクリプト。対話式に作れるのが特徴。)を全部やりました。テーブルを作って、要は基礎の骨組みだけを作るみたいな感じで。あとは、先ずAPI連携が必要な部分っていうのをタスクとして洗い出して彼にお願いするのと、それ以外のところで、それにAPI実装に伴って必要になってくる部分の設計と実装も彼にお願いしました。僕はそれ以外のAPIがあんまり関わらない部分の実装っていうのをやってきました。

 

橋田:

なるほどね。あとは、デザイナー。2人いたと思うんですけど、役割はちょっとさっき軽く話したと思うんですけど、他に何か実装とか進め方ってどんな感じでした?

 

小川:

さっきの話を詳しくいうと、今回、時間がなかったんで、極力手戻りをしたくなかったんです。なので、画面の仕様書をしっかりかためて、作っては定例のミーティングでエンジニア含めてディスカッションしてました。

 

橋田:

何日に1回ぐらいやってました?

 

香月:

2日に1回ですね。

 

小川:

やっぱり仕様上できないものとかあるじゃないですか。ここはこういうふうに本当はしたいけどって。で、そのまま作っちゃってあとでできないってなると、やっぱり手戻りが大きくなっちゃうので、先ず画面仕様書でしっかりと話し合って。あと、そこで疑問があれば直ぐに聞ける環境だったので、ここはこういったときにどういうものが入ってくるんですかとか、そういうのをしっかり詰めて、極力仕様書の完成度を上げてからデザインをやるもう一人のデザイナーにUIを作ってもらい、コーディングをお願いしました。UIのデザインに関しては、基本は本当におまかせで。最初に1個作ってもらったんですけど、それを見たときに、全然いけるなと思ったので。

 

橋田:

そこがスムーズにいったのは良いですね。

 

小川:

そうですね。逆にそこが複数になったときは、本当にUIとかデザインの設計もしっかり作らなきゃバラバラになっちゃうんでいけないんですけど。今回、良い意味で、関わった人数が少なかったので、ほぼ、そういったガイドラインを作らずとも暗黙知的な感じで進めていけましたので。

 

橋田:

そこは普段から一緒にやってるってとこが結構大きかったですね。

 

小川:

大きかったですね。もう一人のデザイナーがよく隣でやってたんで、ちょっと教えてとか、これどうしますっていうのは気軽に聞けたんで。

 

続きはこちら!

blog.peraichi.com