読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペラログ

ぺライチを運営しているホットスタートアップの人・文化・サービスを主に発信します。

フリーランスから正社員へ スタートアップの一号社員として目指すもの

ペライチ インタビュー

f:id:peraichi:20161128111042p:plain

株式会社ホットスタートアップに入る前

大学は東海大学の工学部へ進学しました。

大学に通いながら、どうしてもデザインの勉強がしたいと思ったので、学業と並行して、土日や夜間の時間に横浜のデジタルハリウッド校に通いました。
そこでグラフィック系ツールの使い方、3DCG、HTMLを学び、卒業制作でWebサイトを作ったりと色々経験ができました。

その後、印刷会社でDTPオペレーターとして2年間勤めた後、Webデザイナーとして複数の制作会社を転々とし、横浜の制作会社で働き始めました。
人数が少ない会社だったので、デザイナーという枠に捕われずディレクション、コーディング、納品後のコンサル等幅広く経験をすることができました。今でもここでの経験が生きてますね。

横浜の制作会社で3年ほど働き、会社への不満はなかったのですが、その頃の自分はその場で満足してる"井戸の中の蛙"状態だったんです。
自分の中で、もっと違う環境でチャレンジしたいという思いと、「大海に出なければ」という焦りもあったので、転職を決意することにしました。

しかし、希望してた会社に転職がうまくいかず、その時に知人に声をかけてもらったのがきっかけでフリーランスとして独立することにしました。
流れで始めてしまったため、準備もできておらず最初は失敗もありました。そこで一度しっかりと計画を立て直し、ブログを更新したり、セミナーや勉強会に出席して人との交流を広げていく中で安定して仕事も受注できるようになっていきました。
フリーランスとしては3年半ほど活動してました。


株式会社ホットスタートアップに入社したきっかけ

ホットスタートアップはペライチのデザイン・開発の委託を受けたのをきっかけに約1年前から付き合いがありました。その頃は大体月の1/3はペライチの仕事をしていました。そして資金調達のタイミングで社員のオファーをいただきました。

最初に話をもらった時はフリーランスの生活も安定しており、組織に戻ることは考えてなかったので断ったのですが、何度か代表の橋田と話す中で考えに変化もあり、この会社にジョインして力を発揮していきたいと考えるようになりました。
そこに至った理由は幾つかあるのですが、中でも下記の3つが大きいです。


仕事において「誰と働くか」を重要視しています。
ホットスタートアップの創業メンバーは3人いるのですが、三者三様でそれぞれ自分にはない魅力を持ってます。そしてそれぞれ性格は異なるのですが、芯の部分では同じ理念を持っています。そして人間力も高く信頼を置いてます。
以前、他の方に「ペライチの仕事はどう?」と聞かれて素直に「楽しい」と答えたのですが、そう思えるのは非常に恵まれた環境だということに気づきました。
このメンバーとなら何の迷いもなく共に進んでいけるなと思います。


経験

スタートアップの最初のステージを社員として経験できるのは、望んでも得られるものではないですし、また組織作りにも関心はありました。今スタートアップを経験しておくことは、今後の自分の大きな財産の一つであり直接でなくても何らかの形で活きると思うので、今回の話は貴重なチャンスと捉えました。


プロダクト

初めのうちはペライチの開発は”手伝う”、という感覚でしたが、長い期間一つのサービスに関わってるとそのサービスに対して愛着が湧いてきます。もっと良いサービスにしたい、このサービスを使ってくれるユーザーの方に喜んでもらいたい、期待に応えたいと思うようになりました。

しかし今までの受託と並行して作業している体制では、必要最低限の対応しかできず思うような成果を上げれないことにジレンマもありました。もっと集中して時間を割いて、スピードと質を高めるために、社員としてフルコミットすることがその一つの手段であると考えました。
詳しくはこちらのブログに書きました。


現在何をやられているか?

今は、会社のデザイン業務全般を行っています。
ペライチのサイトのデザインや、開発、編集、UI,UXの設計、テンプレートの設計、印刷、ステッカー、チラシ、名刺などなど多岐に渡っています。
また、外部の業務委託のデザイナーが数名いますので、マネジメントも行ってます。


今後どうしてきたいか

ペライチは「ページ制作に慣れてない方や専門知識がない方でも作れる」というコンセプトのサービスです。

現在スマホでホームページが簡単に作れるサービス「スマイチ」の開発を検討しています。
そのため、スマホでホームページを作ることにニーズがあるのか検証するため、現在多くの方にユーザーヒアリングを行っているところです。

実際に面と向かってたくさんのユーザーさんとお話する中で、ページを作りたいけど作れないという課題を抱えてる方が多いということを改めて実感しました。
今のサービスはまだまだ改善する点が山積みです。それらを解決して、より使いやすく誰もが簡単にページが作れるサービスにしていきたいという使命感も湧いてきました。

自分のこれまでのデザイナーとしての経験を生かして、これからどんどん会社もサービスも急成長させていきたいと思っています。

ページを作りたいけど作れない、まだまだそんな課題を持っている人が世の中にはたくさんいます。
そんな人達に使ってもらえるサービスを作りたいという情熱を持った、ユーザー目線で考えられる方を弊社でお待ちしております!